「急な出費があって、どうしても今月乗り切るのが厳しい!」という場合、どこかでお金を借りたいと思っている方におススメなのが「キャッシング」です。「キャッシング」は消費者金融や銀行が一般の人向けに行っている、小口融資サービスの事です。

 

キャッシングの利用目的は自由なうえに、担保や保証人は一切不要なので、気軽に借りられる簡易ローンとして、現在約1400万人の利用者がいると言われています。またキャッシングの申込は「お金を借りるのであればどこで借りても変わらない」という声もあります。

 

確かに一昔前とは違い法律で厳しく規制されるようになり、キャッシングという商品差は少なくなったように見えますが、「何処で借りても一緒」と言うのは間違いで、借り易さで比較したり、金利を比較したりと、商品比較をして、自分に適したキャッシング会社を選ぶ事が、最も重要になります

 

金利を抑えて借りたい場合

キャッシングを利用するために、比較する項目はいくつかあります。

 

もちろんすべてがトップレベルの商品があればそれを選べばよいのですが、残念ながらそれぞれに長所もあれば短所もあります。

 

その為キャッシング会社を選ぶ時は、自分の利用目的に照らし合わせて最も有利な商品選びをするのが大事です。

 

例えば、少しでも金利を抑えて借りたいという人は、金利を重視して商品選びをする事がポイントになります。それには融資希望額の少ない人は最高金利を重視して、融資希望額の多い人は最低金利を注視する事で比較的支払う利息を減らす事が出来ます。

 

至急お金を借らなければならない場合

また少しでも早くお金を借りたいという人は、審査スピードを重視して商品を選ぶ必要があります。特に「即日融資」と呼ばれるサービスは、どのキャッシング会社でもやっているサービスではないので、急ぎの人はこのサービスが可能なキャッシング会社に絞られます。

 

また複数の会社から融資を受けていてローンの一本化を希望する場合は、借り換え時の金利や限度額を重視した商品を選ぶ必要があります。

 

このように用途にあわせた商品選びをする事がキャッシングにおいて重要になります。
また、キャッシング選びを慎重に行う理由はそれだけではありません。

 

キャッシングの申込みに伴う制限

消費者金融のキャッシングや銀行カードローンなどへの申込は、リアルタイムで信用情報機関の個人情報に申込をした記録が記載されます。それだけならまだ良いのですが、この信用機関の記録によって、申込みにおいて不利になる場合があります。

 

例えば短期間に複数社へ申込をした記録が個人情報に記載されていれば、次に申込を受けた業者は「よほどお金に困っているようだ、貸しても返してくれるか心配」とまともに審査をしてくれないというより、即座に落とされます。

 

キャッシングの申込は、こういった制限がある以上、極力必要最低限に抑える必要があります。自分にとって有益なキャッシング商品と出会った時のために、申込の機会を逃さない為にもキャッシングの比較、選別という事がキャッシング選びの重要な要素でもあります。

 

おススメのキャッシング会社の選び方

キャッシング会社を選ぶ時は、十分に比較して選ぶ事が重要なのが解って頂けたと思います。しかしキャッシングには消費者金融や、信販会社、銀行など数多くの金融機関が存在するので、何をどこから見ていけばいいのかわからないという方も少なからずおられます。

 

そのための方法として、まず大まかな目的を決めて関連のサイトから検索するという方法がより早く希望通りのキャッシング会社に行きつくと思います。

 

 

たとえば、先ほどの例のように、金利を抑えてお金を借りたいという場合は消費者金融より、銀行カードローンの方が間違いなく低いので、銀行カードローンを比較して選べばよいことになります。

 

即日融資で借りたい時は、大手消費者金融や、銀行カードローンの一部にある「即日融資が可能」なキャッシング会社を比較して選べばよいことになります。

 

何を優先させるかも重要

なんといっても低金利で限度額の高い銀行カードローンは魅力的です。

銀行が扱っているカードローンという事から、安心感もあり、最近では審査のスピードも早くなってきているので、消費者金融と肩を並べるようになってきました。

 

申込前に返済計画が立てられるような時間的な余裕があれば、スピード審査にも対応している銀行の個人向け貸付の金融商品をチェックしてみましょう。

 

では、消費者金融はどうなのかと言うと、銀行と見比べると商品のスペックには確かに差あります。ただ、審査や融資までのスピードに関しては、やはり消費者金融の方が有利になります。

 

実際、利用者もこちら側の方が多く、その理由として「キャッシングの利用者は少しのお金が急に必要になった人が多い」という方が大半です。そのため、次の給料日がくればすぐに返済できる程度の金額、例えば5万円前後の借入なら、金利や限度額をあまり気にせず、スピード重視で借りるという方が多いのです。

 

借りるための比較だけでなく返す為の比較も重要

借りるためのスペックやスピードに焦点を当てて説明しましたが、それよりも実際に最も重要なのが返済計画です。審査スピードが影響するのは、最初の申込みの時だけです。

 

しかし、普段の借入や返済はいつどこでするか、それは利用しやすい場所や、時間なのかということを優先するべきで、借入時や返済時の毎回影響してきます。一括で完済できる程度の借入であれば金利もそれほど気になりませんが、何か月かかけて返していくのであれば、借入や返済に利用する提携ATMは手数料が必要かどうか、という事も重要になります。

 

キャッシング会社の中には、こういった手数料が無料で利用できる会社もあるので、出来る事ならそういったキャッシング会社を選ぶ事も選択肢のひとつになります。