銀行カードローンを比較

2010年6月18日に貸金業法が完全施行となり。総量規制が導入されたため、銀行カードローンに注目が集まっています。

 

貸金業法の適用となる、「消費者金融のキャッシングや信販のキャッシング」は年収の3分の1以上貸付は出来ないという厳しい制限が付きました。

 

総量規制はノンバンクだけ

しかし、貸金業法が適用されない銀行の貸付は、総量規制対象外となるので、年収3分の1以上の融資であっても法律上は問題無く融資が可能です。

 

その上、銀行カードローンは貸金業者のカードローンに比べて、低金利と高額融資が可能で、通常のローンはもちろん、複数借入のおまとめや、借り換えに最適のローンと言えます。

 

銀行カードローンを比較する

銀行カードローンの特長は低金利+高限度額の点です。

 

高額融資と金利で銀行カードローンを比較すると、

  みずほ銀行カードローン 三井住友銀行カードローン オリックス銀行カードローン
年利 3,0%〜14,0% 4,0%〜14,5% 3,0%〜17,8%
融資限度額 最高1,000万円 最高800万円 最高800万円

などがあります。

 

 

また、銀行カードローンの中には、即日融資も可能になっているところが増えています。

 

銀行カードローンの即日融資は、事前に申込をした銀行の口座を持っている必要がある場合が多いのですが、口座はどこでも構わないというカードローンもあります。

  三菱東京UFJ銀行   新生銀行カードローン「レイク」 三井住友銀行カードローン
年利 4.6%〜14.6% 4.5%〜18.0% 3,0%〜14,0% 
融資限度額 最高500万円 最高500万円 最高1,000万円
時間 最短30分 申込完了時に表示 最短30分

などの銀行は口座がどこにあっても即日融資が可能です。

 

専業主婦でも借りられるカードローン

銀行カードローンには主婦専用のカードローンが用意されています。

 

  みずほ銀行カードローン 三井住友銀行カードローン イオン銀行カードローン 楽天銀行カードローン
年利 3,0%〜14,0% 4,0%〜14,6% 3,8%〜13,8% 4,9%〜14,5%
融資限度額 30万円まで 30万円まで 50万円まで 50万円まで

これらの商品なら、専業主婦でも安心して利用できます。