主婦でも可能なキャッシングを比較

専業主婦がキャッシングを始めるとなると、自身に収入がないため、途端に借入れが厳しくなってしまいます。

 

ただ、まったくできないというわけでもありませんし、専業主婦の方が安心してキャッシングが可能になる方法もあります。

 

消費者金融のキャッシングは厳しくなる

消費者金融でのキャッシングは、貸金業法の総量規制で、基本的に収入が有る事が前提なので、専業主婦のように本人に収入がなければできません。ただし、まったくできないというわけでもなく、例外的な「配偶者貸付」と呼ばれる制度があり、その制度を取り入れている消費者金融なら申込が出来ます。

 

ネット上の情報を見ていると、「消費者金融でも配偶者貸付けでお金が借りられる」などと書かれているものもありますが、この場合、申込名は収入のある人の名前になり、配偶者の同意を得る必要があるので「主人に内緒で」と言う借り方は出来ません

 

大手消費者金融でも、中堅消費者金融でも、貸付け条件として「本人に安定した収入がある事」がほとんどなので無職の専業主婦の利用はかなり厳しいと言えます。

 

専業主婦は銀行カードローンで借りられる

消費者金融で借りたいと思っても、現在の貸金業法では、たとえ配偶者の年収がいくら多くても、専業主婦の方が個人名で申込をしても千円のお金すら貸してもらえません。
ですから、専業主婦のキャッシングは、消費者金融で比較しても意味がありません。

 

一方銀行は、銀行法に基づいて事業を行っているので、貸金業法で定めている総量規制の対象にはなりません。

 

銀行カードローンも基本的には「安定した収入が有る方」が条件なので、銀行カードローンのすべてで申込が出来るわけではありません。しかし、専業主婦の方でも、返済能力さえ認められればカードローンの申込が可能で、配偶者に安定した収入が有れば、お金が借りられる銀行カードローンもあります。

 

たとえば、イオン銀行カードローンは口座を持っていれば50万円まで、三菱東京UFJ銀行カードローンは30万円まで、みずほ銀行カードローンは30万円と高額ではありませんが、申込が出来ます。

 

そのほかにも多くの専業主婦専用の商品が用意されていますので、その中から金利や融資限度額、融資スピードなどを比較すれば、自分に適したカードローンが選べるはずです。